当所の業務
JAN企業コードは、お客様からの申請に基づき、財団法人流通システム開発センターが付番・貸与するものです。当商工会議所では、JAN企業コードの申請に当って必要な申請書の販売及び財団法人流通巣ステム開発センターへの申請窓口業務を行っておりますので、ぜひご利用下さい

 JAN企業コードとは

JAN(Japanese Article Number)コードは、わが国の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。
JANコードはバーコード(JANシンボル)として商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに利用されており、さらに公共料金等の支払システムへの利用など利用分野の拡大がみられます。JAN企業コードは、JANコードを商品に付ける上で企業・事業者を表す9桁(13桁の標準コードを作成する際に使用します)もしくは6桁(8桁の標準コードを作成する際に使用します)の番号であり、国際的に定められた取り決めに基づいて付番・貸与されます。


 申請について
  • 新規申請:JANコードを商品に付ける事を希望される場合には、JAN企業コードの登録申請が必要となります。登録申請の手順につきましては、『JAN企業コード(JANメーカーコード)利用の手引き』(1部¥1,200(税込))を予め当商工会議所でご購入頂き、手引きに記載されている手順に従って書類を作成し、当商工会議所にご提出下さい。※新規申請に当たっては、必ず当所にご来所頂く必要があります。
  • 更新申請:JAN企業コードの貸与を受けると3年に一度、使用継続の意思を確認する為に更新手続きが必要となります。財団法人流通システム開発センターから書類が届きましたら、必要事項を記入し、更新手数料の払込を行った後で当商工会議所にご提出下さい。
  • 問い合わせ
    JAN企業コードについてのお問い合わせは、財団法人流通システム開発センターで承っております。
    電話 03−5414−8511
    http://www.dsri.jp/jan

Copyright(C) 2009 伊勢崎商工会議所 All Rights Reserved.