リサイクルの役割分担
一般家庭から出るゴミの約60%は容器包装です。
そして容器包装ゴミをリサイクルするために作られたのが「容器包装リサイクル法」です。
この法律はリサイクルシステムを確立するために
○「消費者が分別排出」
○「市町村が分別排出」
○「事業者が再商品化(リサイクル)」
するという各々の役割分担を規定するものであり、基本となっています。
容器包装リサイクル法に定められた「
特定事業者」に該当する方は、リサイクルの義務を負います。

 特定事業者について

・容器や包装を利用する中身製造事業者
・商品を販売する際に容器や包装を利用する小売・卸売事業者
・容器の製造事業者
・容器包装に入った商品の輸入販売事業者
・容器を輸入する事業者

※ただし、一定規模以下の小売事業者は、法の適用を除外されるため特定事業者に該当しません。

特定事業者と容器包装リサイクル法の詳細は、 公益財団法人日本容器包装リサイクル協会のホームページをご覧下さい。

 当所の役割
伊勢崎商工会議所では、
公益財団法人日本容器包装リサイクル協会の委託を受け、再商品化委託申込受付、契約等の代行を行っています。


問い合わせ先 伊勢崎商工会議所 工業課 24−2211

Copyright(C) 2009 伊勢崎商工会議所 All Rights Reserved.